かささぎの架け橋

徒然なるままに

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

X-25MとSecureErase 

2011/07/05
Tue. 20:47

OS再インストールに伴い、手元にあるX-25Mのファームウェアを2CV102M3へアップデートしたのですが、その後に行ったHDDErase3.3でSecureEraseした所、Audit log file created successfullyの表示の後、本来ならLBAセクタへの書き込みが始まるはずがアクセスランプが点灯したまま一向に終わらない現象が発生。
調べてみても他の人も発生している事がわかったくらいで、原因がよくわからず途方に暮れてた所、Linuxを使ってのSecureEraseができるとの事で試してみた。

取りあえずHDDEraseによるSecureEraseは強制シャットダウンでキャンセル。
その後、Ubuntuを焼いたCDROMから起動。ここを参考にして、hdparmコマンドを使ってSecureEraseを実行。

その後、Win7をインストールしましたが、特に問題は起きておらず速度面も良好です。
ファームウェアアップデートする人は気をつけてください。これで時間が潰れた・・・

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。